コンクリートの弱点とは?その2

日経コンストラクション2014年12月8日号 に掲載された
ドボク模型プレゼン講座第8回「コンクリートの弱点とは?」を
藤井がより詳しく解説しました。

第2弾
「鉄筋コンクリートの計算理解していますか?」

今回のドボク模型プレゼン講座のP61では、
模型を見ながら、「鉄筋コンクリートの計算方法」を、
学べるようになっています。
ちょっと難しいですが、理解してみてください!

梁に働く応力の説明

写真-3 梁断面の内力を表現したもの

 C:コンクリートに働く圧縮力(分布荷重を合力で表現)

T:ガムテープの張力


 
梁に働く力の整理

 写真-4 梁に働く力の整理

 
力の釣合い、歪の連続性、曲げモーメントの釣合いから
3つの式を作成します。
未知数が3つなので、未知数が確定します。

 

ケースの整理
写真-5 ケースの整理

  
未知数が確定すると、鉄筋とコンクリートの許容応力を
目いっぱい使えるように、鉄筋量などを調整します。

難しい数式を理解するときにも、
身近な材料を使った模型を使って
試行錯誤してみてくださいね!

広告

投稿者: bosaimokeijikken

身近なモノを使った簡単な実験を考案し、説明を通じて、防災学習やPRを行っています。 道路の脇にあるコンクリートの壁にかかる力、 裏山が崩れる原因と、それを防ぐ対策、など 生活の中に隠れている「土の力学」をシンプルに、直感的に説明します。 住民説明会、社内講習会、などで講師をします。 たまに、大学や高専で講義をすることもあります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中