【動画】がけ崩れの模型実験

巨大な岩が落ちてくるのは
映画の中だけにしてほしいところですが、
現実でも、がけが崩れて岩が落ちてくることはあります。

がけ崩れは、地面の中の岩の亀裂に沿って発生します。
地面の中は見えないですが、意外と亀裂が入っているんですよ。
この亀裂が大きくなると、ボロって落ちてしまいます。

まずは、がけ崩れの様子を模型実験で見てみましょう。
家の裏山が迫って怖いと感じる方は、
がけ崩れのときに一番危険な部屋も分かります。
 

 

がけ崩れを防ぐための対策には

・法枠工
・地山補強土工
・アンカー工
等があります。

それぞれの仕組みを動画で確認しましょう。
みなさんの身近にも、たくさんありますよ。

 
 
「祗園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり」ではないですが
とーっても長い目で見ると斜面が崩れるのは当たり前の現象です。

かといって、崩れてほしくないのは
やまやまですが。

投稿者: bosaimokeijikken

身近なモノを使った簡単な実験を考案し、説明を通じて、防災学習やPRを行っています。 道路の脇にあるコンクリートの壁にかかる力、 裏山が崩れる原因と、それを防ぐ対策、など 生活の中に隠れている「土の力学」をシンプルに、直感的に説明します。 住民説明会、社内講習会、などで講師をします。 たまに、大学や高専で講義をすることもあります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中