「橋やトンネルのアーチ形状は丈夫である実験」のご紹介

毎年、地盤工学会の土質工学セミナーに参加しています。
1年に1回、新しい模型実験を考える機会でもあります。

今年のテーマは何にしようか、、
模型実験チームで話し合った結果、
「アーチ」にしようと決めました。

といっても、具体的な構想はこれからですが。

参考になりそうなものを探していて、
とても素晴らしい実験動画を見つけたのでご紹介します。

アーチというのは身近にあります。
「アーチ形状が強い」というのもよく聞きます。

でも、この実験では、
最初はアーチは崩れてしまってますよね。

なぜアーチの周囲に円板を詰めると、崩れなくなったのか?

その辺りで何か実験を創れそうだな、と構想中です。
上手く形になりますように!

広告

投稿者: bosaimokeijikken

身近なモノを使った簡単な実験を考案し、説明を通じて、防災学習やPRを行っています。 道路の脇にあるコンクリートの壁にかかる力、 裏山が崩れる原因と、それを防ぐ対策、など 生活の中に隠れている「土の力学」をシンプルに、直感的に説明します。 住民説明会、社内講習会、などで講師をします。 たまに、大学や高専で講義をすることもあります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中