【動画】土のブロックにシャワーしたがけ崩れの模型実験

土のブロックにシャワーして
実際のがけ崩れの状況を再現した実験の動画です。

広告

またまた楽会員の柴田さんの模型実験動画です!
今回は「がけ崩れ」の実験動画です。

土のブロックにシャワーして
実際のがけ崩れの状況を再現しています。

今回も動画のあとに柴田さんによる解説があります。

〇解説

がけ下の平坦部は、不透水層(亀裂のない岩盤)であるため、
雨が続くとがけ末端部に湧水が起こり、小崩壊を起こします。

小崩壊の頭部にはオーバーハングした急崖ができ、
脚部の土台を失ったような型で、崩壊頭部を後退させて行きます。

最後には、山頂の平坦部(家が立っている丘)に達し、
大きな崩壊に発展します。

基盤=不透水層、崩壊地山=透水層という地質構成では、
長雨を誘因とする崩壊では、
このような崩壊形態を辿ることになると思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
本物の土を使って実験すると
より現象のイメージがつかみやすくなりますね。

柴田さん、動画の投稿をありがとうございました!

投稿者: bosaimokeijikken

身近なモノを使った簡単な実験を考案し、説明を通じて、防災学習やPRを行っています。 道路の脇にあるコンクリートの壁にかかる力、 裏山が崩れる原因と、それを防ぐ対策、など 生活の中に隠れている「土の力学」をシンプルに、直感的に説明します。 住民説明会、社内講習会、などで講師をします。 たまに、大学や高専で講義をすることもあります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中