落石対策:網と柵ではエネルギー計算が違う

ロックネットとストーンガードの
設計で使われている「落石エネルギー」の計算式は違います。その差は何か?ドボク模型実験で考えてみました。

広告

今日は専門家向けの内容です。

テーマは

ロックネットとストーンガードの
設計で使われている

「落石エネルギー計算式の違い」

です。

落石対策便覧に掲載されている
落石エネルギーの算定式を見てみると

ロックネットでは網に当たる分力を考慮しています。
IMG_0003.JPG

ストーンガードではよく見る感じ。
IMG_0002.JPG

改めて2つを比べてみると

ストーンガードの式では
第1項にβの関数が入っていますが
ロックネットの方にはありません。

(最後の方の違いは
単に石がネットに当たるときの
力の向きを換算しただけです)

ロックネットではβ
すなわち回転エネルギーの係数を
無視していることになります。

これをドボク模型実験で
視覚的に表してみました。

まずは
ロックネットのドボク模型実験動画を見てください。
ボールはネットに当たって
回転しながら落ちていますね。

シュルシュルシュルと音がしているので
ボールの回転エネルギーは
摩擦による熱エネルギーで消費されたと
思われますが

ほとんど変わらないようです。

ということは

ネットには回転エネルギーがほとんど伝わらない

と言えそうです。

なので、
ロックネットの落石エネルギー計算式には

回転成分については無視されている

と推測します。

一方、ストーンガードは
落ちてきた石が突き破らないように
エネルギーを全部受け止める必要があります。

ストーンガードのドボク模型実験動画です。
よく見ると
ボールがネットに当たったあと
回転が止まっていますね。

回転が止まっているということは

ネットが回転エネルギーも受け止めた

と言えそうです。

なので
落石の全エネルギーである

回転と運動の両方を

見込んだ計算式になっています。

ロックネットとストーンガードの
設計で使われる

落石エネルギー計算式の違いについての
ドボク模型実験でした。

模型実験をしてみて

石の形が角ばっていると
ロックネットに当たったときに
回転も止まってしまいそうだな

と、感じました。

そう思うと
ロックネットでも回転エネルギーを
考慮したほうがいいのかもしれないですね。

実は、なぜ違うのかと質問を受けて
ぱっと答えることができなかったので
模型実験を作りながら考えました。

我ながらうまく整理できた気がします(笑)

と、思っていたのですが

ブログにコメントをいただき
大幅に修正しました。

今回削ったところの実験は
また別の記事でまとめますね。

フィードバックをいただけて
本当にありがたいです。

マニアックな内容は
たまには、と思っていたのですが

思いついたら
どんどん実験していくことにしますね。

また色々と教えてください。

投稿者: bosaimokeijikken

身近なモノを使った簡単な実験を考案し、説明を通じて、防災学習やPRを行っています。 道路の脇にあるコンクリートの壁にかかる力、 裏山が崩れる原因と、それを防ぐ対策、など 生活の中に隠れている「土の力学」をシンプルに、直感的に説明します。 住民説明会、社内講習会、などで講師をします。 たまに、大学や高専で講義をすることもあります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中