ついにドボク模型プレゼン講座再スタート!

お待たせしました!いよいよ、ドボク模型実験プレゼン講座が再スタートです。

広告

お待たせしました!
いよいよ、
ドボク模型実験プレゼン講座が再スタートです。

日経コンストラクション2017年3月13日号に掲載されたのは
「第1回 トンネル切り羽の崩れ方」
です。

ドボク模型プレゼン講座_切羽.png

ドボク模型プレゼン講座掲載の

日経コンストラクション 2017年3月13日号はコチラ
今回のシリーズは
少し専門的な内容に踏み込んでいます。

そして裏テーマとして
ちょっと時事ネタに絡めたい
なんて、画策しています。

毎回、時事ネタにあわせて
記事が掲載されるのかは
編集者さんの腕の見せどころです(笑)

(模型実験の取材はまとめて行うので
掲載予定の実験はすでに決まってます。
うまくハマるかは、運しだい)

そんな中、
再開したシリーズ1回目は
博多陥没事故の特集号と
同時掲載されています。

博多陥没事故と
直接は関係ないですが

トンネル切羽の問題を考えるには
いい材料になると思います。

それに

博多陥没事故ほど
話題になりにくいですが
トンネル切羽の死亡事故も
最近、2件発生しています。

●岐阜県・高山市・宮峠トンネル:岩盤崩落事故・1人死亡
2016年12月3日

●一般国道40号 音威子府村 音中トンネル掘削工事
で死亡事故が発生しました。
2017年1月26日

さて、
土木業界で働くといっても
その裾野はとんでもなく広い。

ヒトが生活する空間そのものを
全部相手にしていますし、

自然も相手にするし
目に見えないソフト事業もあります。

私も、はっきり言って
社内の隣の部署でやっている内容は
よくわかりません。

土木の業界にいても
一般の方と同じレベルで
解説してもらいたいことってあります。

正直、
ニュースの解説じゃ
ちょっと物足りないというか。

結局、よく分からないので
他人ごとで流れてしまいます。

自分ゴトとして
考えてみようとしても
ニュースだけでは材料が足りないというか。

そんなとき
今回のドボク模型シリーズが

あなたの
「もっと土木を自分ゴト化する」
お手伝いをできると
とてもうれしいです^^

<関連記事>
【動画】トンネル工事の陥没防止の工夫

投稿者: bosaimokeijikken

身近なモノを使った簡単な実験を考案し、説明を通じて、防災学習やPRを行っています。 道路の脇にあるコンクリートの壁にかかる力、 裏山が崩れる原因と、それを防ぐ対策、など 生活の中に隠れている「土の力学」をシンプルに、直感的に説明します。 住民説明会、社内講習会、などで講師をします。 たまに、大学や高専で講義をすることもあります。

“ついにドボク模型プレゼン講座再スタート!” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中