杭に働く力とは?

先日、日経コンストラクションに
最新のドボク模型実験を紹介しましたが

振り返ってみたら
第4回と第5回をブログで
紹介していませんでしたので

今回は第5回のご紹介です。

第5回のテーマは
「杭に働く力とは?」です。

もう1年前くらいになるのか

マンションを支えている杭が
地面の中の硬い層まで届いておらず
建物がゆがんだ

というニュースがありました。

硬いところじゃないと
重さを支えられない

というのは
イメージしやすいし
分かった気になるのですが

じゃあ、そもそも

どんな力(重さ)を支えなくちゃいけないのか?

を、考えてみると

実は建物の重さだけ、と
単純にはいかないのです。

特に

軟弱地盤と呼ばれるところでは
(杭基礎のところはほとんどそうですが)

建物の重さ以上の力が
杭に働くことがあります。

支持層と呼ばれる地盤は
建物の重さにプラスして、その力にも
耐えなければいけません。

その正体と、力が働く仕組みとは?

ぜひバックナンバーを探してみて
もう一度確認してみてください。

日経コンストラクションの記事→(コチラ
会員登録すると実験動画も見ることが出来ます。

広告

【動画】足元の支える力~パスタ支持力実験~

念願のマイホームを購入するとしましょう。
素敵なデザイン、快適な設備も大事ですが、
家の足元、地面のことも気をつけて。

田んぼの中では、足が沈んでしまいます。
軟らかい土地に家を建ててしまったら
憧れのマイホームだって、同じように沈むでしょう。

では、地面の上の建物が沈む、沈まないは
どうやって決まるのでしょうか。

地面が建物を支える力の正体は?

パスタを使った支持力実験です。