【動画】ペットボトルで液状化の対策実験

ペットボトルを使った液状化実験模型です。液状化の様子を見るだけでなく対策工の実験を工夫してみました。

広告

今年も地盤工学セミナーに合わせて
若手社員が新しいドボク模型を作りました!

ペットボトルを使った液状化実験模型です。
液状化の様子を見るだけでなく
対策工の実験を工夫してみました。

といっても作り方は簡単です。
ペットボトルを切って、砂と水を入れて、
鉛筆で叩くだけ。

まずは、対策なしの状態の実験動画です。
鉛筆で叩くと
土の体積が減っていき、
やがて水が表面まで上がります。

実験では
土の中から空気が出てくる様子も見えます。

それでは、何もしないとどうなるかを見たところで
対策工の実験を見ていきましょう。
“【動画】ペットボトルで液状化の対策実験”の続きを読む

【動画】持つ擁壁と持たない擁壁

日経コンストラクションに連載中のドボク模型プレゼン講座第12回は「持つ擁壁と持たない擁壁」です。コンクリートの壁の向こう側にある秘密の仕組みを、模型実験の動画でのぞいてみてください。

日経コンストラクションで
ドボク模型プレゼン講座第12回が掲載されました。
(ご報告がおくれてすみません)
今回の実験でひとまず連載は終了です。

持つ擁壁と持たない擁壁
持つ擁壁と持たない擁壁

今回の実験は
がけ崩れの模型と同じものを使用します。
擁壁(ようへき)の形が変わると
同じ高さなのに
背後の土を支えることができたり、
逆に、できなくなったりしてしまう実験です。

それでは早速、実験の動画を見てください。

“【動画】持つ擁壁と持たない擁壁”の続きを読む

【動画】パスタのアーチ実験:トンネルアーチをつくるのに必要な2つのこと(トンネル編その2)

パスタのアーチ実験を通じて、トンネルアーチをつくるのに必要な2つのことを見つけました。

時間が空いてしまいましたが、
前回のパスタトンネル実験のつづきです。
大きなトンネルアーチをつくる秘密を探っていきます。

今回はアーチの要石の少し横に重りを2つ置きました。
すると、トンネルがずいぶんと大きくなります。

重りを置いたことで “【動画】パスタのアーチ実験:トンネルアーチをつくるのに必要な2つのこと(トンネル編その2)”の続きを読む

【動画】パスタのアーチ実験:トンネル編その1

パスタを使った模型実験でトンネルのアーチについて考えます。

土木の中に見られるアーチって2種類あります。
橋のように架けるもの、と
トンネルのように穴を掘るものです。

穴をあけた空間がアーチによって支えられます。

今回は、パスタの束を使ったトンネルのアーチ実験の前半です。
アーチに必要な条件を探していろいろと試してみました。
3つの実験を続けてどうぞ。

模型実験では、
パスタの束で土粒子を表現しています。
積み重なったパスタの束を抜いて穴をあけ
トンネルをつくりました。

最初は順調にトンネルを作ることができましたが、
アーチの一番上(要石)のパスタの束に
ちょっと触っただけで崩れてしまいました。
 

 
 
2回目は、前回と同じ大きさのアーチを作ったあと “【動画】パスタのアーチ実験:トンネル編その1”の続きを読む

【動画】パスタのアーチ実験その2:外側で支えている

パスタの束でアーチ実験です。アーチを支えるためには外側の支持力が必要なことを、模型実験で確かめます。

前回(パスタのアーチ実験その1:内側は大丈夫)に
引き続き、今回もパスタのアーチ実験です。

前回と同じく
パスタの束で土粒子を表現しています。
プラスチックをアーチ橋に見立てて、
土の集まり(地面)に差しました。

アーチ橋の力が伝わっている部分のパスタ束を取ると
アーチを支えられなくなって崩れてしまいます。

今回は、アーチの外側のパスタを取ってみました。

アーチの外側のパスタを取ると
“【動画】パスタのアーチ実験その2:外側で支えている”の続きを読む

【動画】パスタのアーチ実験その1:内側は大丈夫

アーチを支える地盤の仕組みを考えるパスタを使った模型実験です。

新作の模型実験です。
アーチを支える地盤の模型実験を、
いろいろと考えました。

パスタの束で土粒子を表現しています。
プラスチックをアーチ橋に見立てて、
土の集まり(地面)に差しました。

アーチ橋の力がかかっている部分のパスタ束を取ると
アーチを支えられなくなって崩れてしまいます。

第1回目ではアーチの内側のパスタを取ってみました。

アーチの内側のパスタを取っても崩れません。
ということは、アーチの内側は
“【動画】パスタのアーチ実験その1:内側は大丈夫”の続きを読む

擁壁に掛かる土圧とは?

ドボク模型プレゼン講座第10回が
日経コンストラクション2015年4月13日発行号に
掲載されました。

ドボク模型プレゼン講座10回

 

道路の脇にある「コンクリートの壁」のことを
土木の専門家は擁壁(ようへき)と呼んでいます。

静かにたたずんでいる壁ですが、
実は、後ろから土が押してくる力に
人知れず耐えているのです。

どんな力が働いているのか?を
実験で確かめてみましょう。

“擁壁に掛かる土圧とは?”の続きを読む

アヒルのすべり台デビュー

3月7日に行われた松江少年少女発明クラブの中で
模型実験をしてきました。
アヒルのすべり台のデビュー選です(笑)

私が説明するのは久しぶりでしたが、
小学生がたくさん応えてくれたので楽しく出来ました。

動画では切れてしまっていますが、
最初に排水ボーリングやアンカーの写真を見せたとき、
「あぁ、知ってる」
という声がたくさんありました。

今日の子どもたちが、次に見たときに
ちょっとでも思い出してくれるといいなぁ。

砂ですべる、粘土ですべる

地すべりの基本を知るのに
とってもよい実験動画を見つけました。

京大防災研でオーブンキャンパス(?)のときに
開催されていた実験のようです。
小学生が熱心に聞き入っています。

すべり台の違い
「砂ですべるのか、粘土ですべるのか」で
動きがずいぶん違うんですね。

砂のすべり台だと、一気にすべるけど、
“砂ですべる、粘土ですべる”の続きを読む

コンクリートの弱点とは?その2

日経コンストラクション2014年12月8日号 に掲載された
ドボク模型プレゼン講座第8回「コンクリートの弱点とは?」を
藤井がより詳しく解説しました。

第2弾
「鉄筋コンクリートの計算理解していますか?」

今回のドボク模型プレゼン講座のP61では、
模型を見ながら、「鉄筋コンクリートの計算方法」を、
学べるようになっています。
ちょっと難しいですが、理解してみてください!

梁に働く応力の説明

写真-3 梁断面の内力を表現したもの

 C:コンクリートに働く圧縮力(分布荷重を合力で表現)

T:ガムテープの張力

“コンクリートの弱点とは?その2”の続きを読む