【動画】トンネル工事の陥没防止の工夫

博多駅前で地下鉄工事の影響により陥没事故が起きてしまいました。

地下鉄工事に限らず土の中に穴を掘っていくトンネル工事は
危険がともなう仕事です。

切羽が崩れて事故にならないように、一般的にどんな工夫がされているのでしょうか?

ドボク模型実験で説明しました。

広告

切羽の崩壊.png

博多駅前で地下鉄工事の影響により
陥没事故が起きてしまいました。

地下鉄工事に限らず
土に穴を掘っていく
トンネル工事は
危険がともなう仕事です。

一見、強くに見える山でも
崩れることがあります。

トンネルの一番先
(モグラだったら鼻の先)を
切羽といいます。

切羽が崩れて陥没事故が起きないように
一般的にはどんな工夫がされているのでしょうか?

ドボク模型実験で説明しました。
少し長い動画ですが(12分54秒)
ぜひ確認してみてください。

トンネル切羽が崩れないために
あらかじめ
周りを補強する仕組みの説明でした。

トンネルが崩れない仕組みについては
コチラの記事も合わせてどうぞ。

【動画】トンネルが崩れない秘密

【動画】続トンネルが崩れない秘密

土の威力

土は水よりも重たいです。がけ崩れなどで土砂が家に当たると破壊されてしまうこともあります。

土の破壊力を実感しようと、階段を使ってすべり台を作り、土のう袋を落下させてみました。

土は水よりも重たいです。

がけ崩れなどで
土砂が家に当たると
破壊されてしまうこともあります。

土の破壊力を実感しようと
階段を使ってすべり台を作り
土のう袋を落下させてみました。

土のうは勢いよくすべり落ち
板は真っ二つに割れてしまいます。

こうして実験してみると
土砂災害の恐ろしさを
垣間見た気がしますね。

実際に裏山でがけ崩れが起きた場合は
もっと大量の土砂が
家に迫ってくるかもしれません。

今年は台風がたくさん来ています。
土砂災害も予想されるので
みなさま
早めの避難を心がけましょう。

もし逃げ遅れた場合には
裏山とは反対側の2階で
やり過ごすのが無難です。

参照:【動画】少しの工夫で命拾いすることがあります

 

【動画】ペットボトルで液状化の対策実験

ペットボトルを使った液状化実験模型です。液状化の様子を見るだけでなく対策工の実験を工夫してみました。

今年も地盤工学セミナーに合わせて
若手社員が新しいドボク模型を作りました!

ペットボトルを使った液状化実験模型です。
液状化の様子を見るだけでなく
対策工の実験を工夫してみました。

といっても作り方は簡単です。
ペットボトルを切って、砂と水を入れて、
鉛筆で叩くだけ。

まずは、対策なしの状態の実験動画です。
鉛筆で叩くと
土の体積が減っていき、
やがて水が表面まで上がります。

実験では
土の中から空気が出てくる様子も見えます。

それでは、何もしないとどうなるかを見たところで
対策工の実験を見ていきましょう。
“【動画】ペットボトルで液状化の対策実験”の続きを読む

ドボク模型で学ぼう!

ドボク模型で学ぼう!
千葉工業大学千葉工業大学創造工学部都市環境工学科 鈴木誠教授の研究室では、「ドボク模型」を教育に活用されています。

千葉工業大学創造工学部都市環境工学科
鈴木誠教授の研究室では、
「ドボク模型」を教育に活用されています。

2016年6月21日に藤井が訪問した際に、
学生さんに見せてもらいました。

突然の訪問でしたが、
すぐにトップリングとがけ崩れの模型を取り出していただき、
学生にプレゼンをしてもらいました。

ドボク模型が教育現場で活躍していて
とてもうれしいですね。

みなさん、
ありがとうございました。

【動画】土のブロックにシャワーしたがけ崩れの模型実験

土のブロックにシャワーして
実際のがけ崩れの状況を再現した実験の動画です。

またまた楽会員の柴田さんの模型実験動画です!
今回は「がけ崩れ」の実験動画です。

土のブロックにシャワーして
実際のがけ崩れの状況を再現しています。

今回も動画のあとに柴田さんによる解説があります。

〇解説 “【動画】土のブロックにシャワーしたがけ崩れの模型実験”の続きを読む

【動画】液状化の実験

液状化の模型実験の動画を作られたという報告がありました。子ども防災教室で見せられたそうです。

楽会員の柴田さんから、
模型実験の動画を作られたという報告がありました。
うれしいですね。

静岡県地震防災センターの
「子ども防災教室」
で、見せられたそうです。

まずは実験の動画をどうぞ。
動画を見た後に柴田さんの解説も読んでみてください。

〇解説 “【動画】液状化の実験”の続きを読む

【動画】テールアルメ工法のパスタ実験

土を崩れないように高く盛る工法の1つに「テールアルメ工法」があります。
この工法を、崩れやすいパスタを使って模型実験した動画のご紹介です。

今日は模型実験を実際に作成されたという
私にとって一番うれしいご報告です。

土を崩れないように高く盛る工法の1つに
「テールアルメ工法」があります。

土の中に細長いシートのような鋼製補強材を入れると
垂直に高く土を盛ることができます!

早速、崩れやすいパスタを使った模型実験の動画をご覧ください。
“【動画】テールアルメ工法のパスタ実験”の続きを読む

【動画】持つ擁壁と持たない擁壁

日経コンストラクションに連載中のドボク模型プレゼン講座第12回は「持つ擁壁と持たない擁壁」です。コンクリートの壁の向こう側にある秘密の仕組みを、模型実験の動画でのぞいてみてください。

日経コンストラクションで
ドボク模型プレゼン講座第12回が掲載されました。
(ご報告がおくれてすみません)
今回の実験でひとまず連載は終了です。

持つ擁壁と持たない擁壁
持つ擁壁と持たない擁壁

今回の実験は
がけ崩れの模型と同じものを使用します。
擁壁(ようへき)の形が変わると
同じ高さなのに
背後の土を支えることができたり、
逆に、できなくなったりしてしまう実験です。

それでは早速、実験の動画を見てください。

“【動画】持つ擁壁と持たない擁壁”の続きを読む

【動画】パスタのアーチ実験:トンネルアーチをつくるのに必要な2つのこと(トンネル編その2)

パスタのアーチ実験を通じて、トンネルアーチをつくるのに必要な2つのことを見つけました。

時間が空いてしまいましたが、
前回のパスタトンネル実験のつづきです。
大きなトンネルアーチをつくる秘密を探っていきます。

今回はアーチの要石の少し横に重りを2つ置きました。
すると、トンネルがずいぶんと大きくなります。

重りを置いたことで “【動画】パスタのアーチ実験:トンネルアーチをつくるのに必要な2つのこと(トンネル編その2)”の続きを読む

【動画】パスタのアーチ実験:トンネル編その1

パスタを使った模型実験でトンネルのアーチについて考えます。

土木の中に見られるアーチって2種類あります。
橋のように架けるもの、と
トンネルのように穴を掘るものです。

穴をあけた空間がアーチによって支えられます。

今回は、パスタの束を使ったトンネルのアーチ実験の前半です。
アーチに必要な条件を探していろいろと試してみました。
3つの実験を続けてどうぞ。

模型実験では、
パスタの束で土粒子を表現しています。
積み重なったパスタの束を抜いて穴をあけ
トンネルをつくりました。

最初は順調にトンネルを作ることができましたが、
アーチの一番上(要石)のパスタの束に
ちょっと触っただけで崩れてしまいました。
 

 
 
2回目は、前回と同じ大きさのアーチを作ったあと “【動画】パスタのアーチ実験:トンネル編その1”の続きを読む