土塊動かす水はどこから?

毎回ご報告が遅くなってしまってますが
(というのが、もはや恒例になってしまいました・・・)

日経コンストラクション2018年2月12日号の
ドボク模型プレゼン講座Ⅱに
排水ボーリングのドボク模型実験が掲載されました。

排水ボーリングって地すべり対策の基本なんですけど
「当たるも八卦」みたいな感じになってしまうことも。。。

地下水が地すべりの原因になるのは分かっていて
地下水を抜くための排水ボーリングに効果があるのは
分かっているのですけど

正直なところ
どこを狙って排水ボーリングをするのか?
というのは難しい。。。いや、本当に。

ということで
地すべりに見立てた豆腐を使って
どこに地下水が流れているのか
実験してみました。

豆腐を使って
地形的な視点でどこに地下水が流れているのか
当たりをつけよう、という実験です。

実験は
豆腐を地すべりの形におたまでくり抜いて
もう一度くぼみに戻します。

くり抜いた方が地すべりする方、
戻した方が動かない、地山の方です。

次に、排水ボーリングに見立てたストローを
地すべりする方の豆腐にぶすっと差して
穴を開けます。

そして
食紅で色を付けた水を隙間に注入。

どこに穴を開けると
水がでやすいか?という実験です。

実験の結果は、、、
日経コンストラクションの記事や動画を見てほしいのですが(笑)

それではあんまりなので
ヒントを書いておきますね。

排水ボーリングで水がでやすいところ、というのは
地下水がたくさんありそうなところです。

では、地下水がたくさんありそうなところとは?
それは、水がいる空間、というか隙間がたくさんあるところです。

では、隙間がたくさんあるところとは?
地すべり場合は、地形的にあの辺り??
それが、答えです。

何だか当たり前のことを言ってるだけのように
聞こえるかもしれないですね。

大事なことというのは
シンプルなことが多いですから
模型を利用しながら
シンプルに考えていくことは効果的です。

今すぐはピンとこないかもしれないですけど
そう思って現場に行くと
きっと、ここには水があるにんじゃないかな、と
気づくことがあるでしょう。

ささいなことでも
こうやって自分で考えることができるのが
大事なことだと思います。

とはいえ、
実験の結果を知りたいあなたは
日経コンストラクションの記事を
ぜひチェックしてみてください!

日経コンストラクション:模型実験プレゼン講座一覧(コチラ

会員登録すると実験動画も見ることが出来ますよ。

広告