地震に強い石垣とは?

日経コンストラクションに連載中の
ドボク模型プレゼン講座Ⅱ。
第7回のテーマは「地震に強い石垣とは?」です。

先日ご紹介した
建設技術展で行った実験内容が
記事になりました。

地震、石垣というキーワードで
思いつくのは
「熊本城の石垣」
でしょうか。

熊本城の石垣も
過去の地震に何度も耐えてきました。

石垣の仕組みについて
実験しながら
地震に強い擁壁の構造についても
応用できないかも考えてみました。

いろんな基準ができる前
昔の人の知恵が詰まった構造物の
そもそもの仕組みを継承し

現代に応用していくのであれば
技術者冥利に尽きますね。

日経コンストラクションの記事→(コチラ
会員登録すると実験動画も見ることが出来ます。

 

広告

建設技術展近畿 土木実験プレゼン大会

2017年10月25日に建設技術展近畿で「土木実験プレゼン大会」が開催されました。今回は、藤井俊逸が「石垣の強さ実験」を行いました。

2017年10月25日に建設技術展近畿で
「土木実験プレゼン大会」が開催されました。

この大会は2009年からスタートし、
土木学会関西支部の名物企画となっています。
藤井基礎設計事務所は、毎年参加しています。

今回は、藤井俊逸が「石垣の強さ実験」を行いました。

●会場の雰囲気
所々にモニターがあって、
プレゼン場所から遠くの人も
土木実験が見やすいようになっています。

見ている人

●実験内容
「石垣の強さ実験」で、
お城の石垣が強い理由を考えてみたいと思います。

熊本地震は、2016年4月14日・16日に、
熊本県と大分県で、発生した、最大震度6強の地震です。

熊本城の石垣が、崩れたことが、ニュースになりましたね。
飯田丸5階櫓の石垣は、崩れましたが、
コーナー部分の算木積み1本が最後まで踏ん張って、
飯田丸5階櫓の崩壊を防いだことが話題になっています。

この石垣、直高15m、勾配65°位。
今の基準では到底もたない擁壁ですが
なぜ、こんなに強いのかを解明する実験です。

実験ケース.jpg

ケース1 傾斜→直線・積み方→水平・石→大
ケース2 傾斜→直線・積み方→傾斜・石→大
ケース3 傾斜→寺勾配・積み方→傾斜・石→大
ケース4 傾斜→寺勾配・積み方→傾斜・石→大小混合

これらの石垣に、重力と振動を作用させて、
変形状態を実験で確認していきました。
結果は、この通り。

藤井結果発表.jpg

ケース1→ケース2→ケース3→ケース4の順番で、
移動量が小さくなりました。
この理由について、解説をしました。

詳細については
日経コンストラクションの「ドボク模型プレゼン講座第2弾」で
掲載される予定ですので
おたのしみに!

全員写真.jpg

みなさんも
模型実験プレゼンに挑戦してくださいね!!