落石の衝撃にどう耐える?

毎回ご報告が遅くなってしまってますが
日経コンストラクション2018年1月8日号の
ドボク模型プレゼン講座Ⅱに
落石実験のドボク模型実験が掲載されました。

ちょうど落石対策便覧が改正されたばかりで
注目が集まる落石対策。

落石対策工の設計の基本的な考え方を
振り返るきっかけにしてみてください。

第9回落石実験

落石対策として一般的なのは
「落石防護柵」と「ポケット式落石防護網」
です。

この2つは似ているように見えますが
落石エネルギーを吸収する考え方が
ちょっと違います。

一般的な落石防護柵は
落石を跳ね返すので
全部の落石エネルギーに耐えないといけません。

一方、ポケット式落石防護網は
落石を受け流すイメージなので
その分、網が吸収するエネルギーは小さくなります。

部材の一部を変形させて
エネルギーを吸収する仕組みにすることで
大きな落石エネルギーに耐えようというのが
高エネルギー吸収型落石防護柵です。

「わざと」弱い部分を作っておいて
その部分に集中する変形を
コントロールする仕組みです。

緩衝装置とよばれるこの部材を
ドボク模型実験では
結束バンドで作りました。

部材にかかる衝撃が大きいと
紙が破れるようにして
吸収できたか、できなかったかを
可視化しています。

おもしろい実験になったので
まだご覧になっていない方は
ぜひチェックしてみてください!

日経コンストラクション:模型実験プレゼン講座一覧(コチラ

会員登録すると実験動画も見ることが出来ます。

広告